PROTEC
根拠7

15分間のFloating を行った場合の腰痛患部の体温変化から血流の向上が認められます。写真の被験者は48歳(会社員)椎間板症週に2~3回輸入貨物のコンテナ降しがあり、手作業で行うので腰痛が慢性化した患者さん。

文献1